美容整形のエラ削りの効果体験

痛みは残りましたがなんとなくスッキリと顔が

その点も含めて全体的なデザインを相談して決めて、アドバイスをいただきました。効果だけではなく、起こりうるリスクなども詳しく教えてもらいましたし、それをどのように防ぐのか、確率はどれくらいか、ダウンタイムや手術の必要性なども話し合いました。エラ削りは全身麻酔をかける必要があるので、3日間ほど入院しました。全身麻酔で行ったので手術中の痛みはありませんでしたが、術前の恐怖感は大きかったです。手術は通常通り2時間前後で済んだようで、その後はトラブルもなく意識が回復しました。起きたときには包帯ぐるぐる巻き状態の顔になっていて驚きました。そのときにはまだ麻酔が若干効いていたようで痛みはありませんでしたが、その後徐々に痛みが強くなっていったのには閉口しました。効果は術後すぐにはよくわかりませんでしたが、確かに今までに比べて横に張り出した感じがなくなって、ほおがすっきりした感じがしました。術後は気道閉塞による窒息の危険性があるということで2日間ほど入院しましたが、痛みと痺れを感じる以外は特別なトラブルはありませんでした。かかった費用は120万円くらいで、1年分くらいの貯金を切り崩して分割払いで支払うことにしました。おたふく風邪にかかった時のような腫れが1ヶ月半ほど続いて、その間は人前に出るのが恥ずかしかったですし、痛みで大変でしたが、小顔効果は確かに得られました。その後2〜3回再受診して様子をみてもらい、半年ほど経ってようやく痛みと腫れから解放されました。今まで大嫌いで見ることも嫌だった自分のエラ張り顔がすっきりして、今までコンプレックスだった人と写真を撮ることも好きになりました。



一か所ではバランスが 痛みは残りましたが 閉ざしていた心も晴れ